初めて人の上に立つ人間がまずすべきこと

新入社員と新米上司という組み合わせは悲劇を生む可能性があります。有能な人は初めてする仕事でも、たいていよい結果をのこしますが、マネージャー(管理責任者)という役割を与えられたとき、それもうまくできるかは別の話です。仕事ができる人がよいマネージャーになれるとは限らないのです。

もし、あなたの会社の中で、原因がわからず離職率が高い部署があったとしたら、その部署を管理するマネージャーに問題がある可能性があります。特に仕事ができる人がマネージャーになると、自分のやり方をそのまま部下に押し付けがちです。パワハラなどはそういう状況から生まれます。

もしあなたが新しい役職を手に入れたばかりのマネージャーだとしたら、最初にやることは命令ではありません。まずは自分は黙って、そこにいるメンバーたちの意見やアイディアを聞くことから始めるべきです。他の人のアイディアや考え方を受け入れようとするのです。そうすれば今後仕事をしていくなかで、メンバーたちに意見があれば、すぐに口に出せるようになります。またメンバーの一員がもし失敗をしたとしても、その原因について話すことができます。メンバーの考えをじっくり聞く姿勢を見せれば、そこにいるメンバーで一つのチームになることができます。

新米上司は「自分がすべてを決めなければならない」と強く思いこんでしまいがちです。でも、そんな強いプレッシャーの中では誰も生きていくことはできません。ポイントは「コンセンサス(意見の一致)」です。互いにコンセンサスが得られるように対話をすればいいのです。

新入社員が入社後、様々な研修を受けるのと同じように、初めて人がマネージャーになるとき、やはり研修が必要です。そうしなければ、有能な部下たちを失う恐れがあります。