その”ひらめき”はいつ日の目を見るの?

突然あなたの頭に誰かの役に立つようなアイディアが浮かんでから、それを具体化し、世間に公開するまでの期間はどのぐらい必要だと考えますか?

“If you’re not embarrassed by the first version of your product, you’ve launched too late.” — Reid Hoffman

誰に見せても恥ずかしくない状態にまで仕上げてから、その製品の販売を開始するのでは、すでに遅すぎるのです。あなた自身が完璧を目指して作り上げた製品は顧客にとって完璧なのでしょうか。あなたにとって完璧な製品が顧客にとっての満足とは限らないのです。
1つでも誰かの役に立つ点がその製品にあるのなら、その時点で人の目に触れさせるべきです。技術者からすると中途半端な状態でリリースすることは信じられないことかもしれませんね。でも、早い段階で公開することによって、その中途半端な製品はそれを手にした人によって、人々の望むように改善され、成長していき、結果、多くの人に必要とされ、役に立つ製品になるのです。

このことは製品だけに限りません。目に見えないWeb上のサービスにも当てはまりますし、これから様々なコンテンツを提供しようとするスタートアップ企業にも当てはまるのです。